催眠術、習いたい人・かかりたい人

NLPと催眠

NLPとは

 

NLPは、Neuro Linguistic Programmingu(神経言語プログラミング)の略で、カリフォルニア大学心理学部生徒のリチャード・バンドラーと言語学助教授ジョン・グリンダーが心理学と言語学の観点から人間心理とコミュニケーションを新しく体系化した学問で、その歴史は新しく、1970年初頭にでてきたものです。

 

NLPの技術は、クリントン元大統領やオバマ元大統領が学んで、演説に応用したということで知られています。
現在では人を育てるコーチングのベースになったり、コミュニケーション能力アップに利用されたり、学習速度の加速といった目的でいろいろと応用され、医療のみならず、教育、スポーツ、ビジネスに至るまで様々な分野で応用され成果をあげています。

NLPと催眠術

 

NLPを学問として体系化したリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーは、その過程において3人の天才セラピストを分析研究することからはじめています。
その3のセラピストは、催眠療法のミルトン・エリクソン、ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ、家族療法のバージニア・サティアです。

 

つまりNLPは、エリクソン催眠を研究して体系化されたものです。

 

私たち人間は、自分が体験した出来事を五感(視覚・聴覚・味覚・臭覚・触覚)を通して認識し、言語・非言語によって意味付けをして、記憶として定着させています。

 

人間、人生経験を重なるほど、自分の生き方や考え方が固まってきますが、これは子供から大人になるにつれ、その生き方や考え方、あるいは物事に対する反応の仕方において一定のパターンが見られるようになります。これがNLPでいう「プログラミング」になるのです。

 

言い方を変えると、私たちの考え方や行動は、人生経験を通して、神経と言語・非言語によってプログラミングされていると言えます。


 

コミュニケーションに大事なNLP

 

NLPを学んだ人の多くが、「もっと学校でNLPを取り入れればいいのに」と思います。
なぜならば、NLPを学びマスターすることにより、思考・行動・感情をコントロールできるようになり、さらに他者への影響力を高めることが可能になるからです。

 

具体的にどのようなことを身につけられるのかというと、次のようなものです。

 

  • 思考・行動・感情のコントロール
  • 他者(仕事、家庭、恋愛)に対する影響力の飛躍的向上
  • 心理(心のしくみ・メカニズム)の理解
  • 催眠のラポールにもつながる短期間に信頼関係を築く方法
  • 成功者に共通する『気づき』の能力の向上
  • 自分を変えるための信念の書き換え
  • 自分が進む方向を発見するためのビジョンの構築
  • 自分や他者の問題解決
  • 成功者の思考パターンや行動パターン

NLPを詳しく学びたい方にお奨めのサイト
NLP学び方ガイド