催眠術、習いたい人・かかりたい人

ラポール

ラポールとは何?

 

催眠術を理解する上で、欠かせない最も大切な言葉の一つに『ラポール』があります。
『ラポール』は、フランス語で「橋をかける」という意味になりますが、心理学の専門用語でもあり、ひと言でいうと、催眠術をかける人と催眠術にかかる人との間の心的状態で、その間の信頼関係がとても大切だということです。

 

 

『ラポール』は、信頼関係ということなので、なにも催眠術だけにかぎらず、ビジネスや恋愛をはじめ、あらゆる人間関係を築き上げていくのに必要なものです。

 

人材マネジメント用語集でも、ラポールのことについて、次のような記載があります。

 

  • ラポールはどのような人間関係においても必要とされる、意思疎通をはかるための土台といえる。
  • 相手の承認・信頼を得ることを必要とする対人活動(営業・恋愛・交渉等)においては非常に重要とされている。

 

催眠術も、ラポールがうまく築け上げられている状態、つまり催眠術をかける側と催眠術にかかる側がお互いに信頼しあい、受け入れている状態でなければ難しいということになります。

 


ラポールは、練習することで上達する

 

ラポール、つまり人と人とがお互いに信頼しあい受け入れる関係を築いていくこと、より良い人間関係を築いていくことは、練習によってみがくことができます。
それでは、ラポールを上手く築いていくためにはどんなことをすれば良いのでしょうか。

 

ラポールを築いていくための基本

 

相手をじっくり観察する
相手との共通点を見つける
相手の存在や考え方を否定せずに受け入れる
相手の立場になって考え、体験し、共有していることを示す

 

ラポールは相手との信頼関係ですが、まず信頼関係を築くには、きちんと相手のことを知らなければなりません。

 

このために、じっくりと相手を観察することは、ラポールで人間関係を上手く築いていく第一歩とも言えるでしょう。
そして、人間は基本的に、自分と似た仲間を求める傾向があり、相手との共通点を見つけることは、相手との距離を一気に縮めるのに役立ちます。

 

そして、ラポールは、相手を受け入れることが大切ですので、当然、相手を観察し、共通点を見つけた後は、相手の考え方や存在を認め、受け入れる姿勢が重要になってきます。
さらに相手との信頼関係を築くには、相手の立場、相手になった気持ちでものを考えることも必要になってきます。

 


簡単にできるラポール上達法

 

ラポールは、相手の立場や相手の考え方になったつもりで、相手の気持ちでものを考え、経験していくということになると、かなり難しいと思われるかもしれません。
確かに、この域に達するのには、難しいですが、形をマネるということは比較的簡単にできると思います。

 

そこで、ラポールを上手く築いていくためのコツをご紹介します。

 

ラポールを上手く築いていく虎の巻

 

相手と同じような姿勢、身振り、座り方、ボディランゲージ、表情などをします。これは心理的にもミラーリングといい、共通点を意識させ、お互いの距離を縮めていくときに使う常套手段ともいえる方法です。

 

他にも、同じ服装をしたり、同じものを持っていることを強調したりします。

 

相手と話すときは、話のテンポを相手に合わせ、また相手が良く使う言葉を使ったり、言葉使いも同じトーンにしてみたりします。

 

さらに、呼吸のスピードも合わせていくと良いかもしれません。